ピラルク&ちすらぴラボラトリーセッション

2007 はるのきとねいちに出演
日の光に照らされた芝生の上のアンプやエレキギター、変換機の数々。なんてかっこいいんだ。音楽はジャンルじゃない。そう思うから、きとねいちにきて演奏してほしかった怒涛のノイズギターユニット「ピラルク」。
出演をお願いしたけれど、ピラルクにとってはやりづらい場でどう出るかと不安と期待が膨らみました。
当日、石原タケシ(G)、若谷正伸(G)と仲間たち(香取光一郎 フルート他、末留かおり 馬頭琴)は自分たちの世界を存分にぶちかましてくれました。「なんだ???この音楽?」と思った人も多いと思います。私も最初ピラルクに出会った時はそうでした。でもそれよりも、その今でている音に誠実な石原タケシの表情が、そして嬉しそうにそれを奏でている彼の姿が忘れられませんでした。

hakko319.tumblr.com/
d0123793_13121192.jpg

[PR]
by kitone1 | 2007-10-13 04:54 | ★ライブ出演者達


<< ダイキのジェンベ太鼓ワークショップ hanauta、R.A.G.S... >>