カテゴリ:★ライブ出演者達★( 30 )

Buttercheeze Roll、知花竜海、河合良信&ザ・バタフライボーイズ(ホワイト・センヤ)/市場と音楽 春のきとね市〜ろくじまでのララバイ〜ライブ出演

<ろくじまでのララバイ開催にあたって>

今回は暗くなる前に市が終わるので、ろくじまでのララバイというサブタイトルが浮かんだ。
なぜか「ララバイっつーなら、バンドだ」の心声に従い、メインゲストに「ギタリストのToma氏をバンドスタイルで観たい」と要請したら「バターチーズロール」で出演に!

メンバーには以前マルチーズロックやソロで出てもらったモリト氏もいる。
複数のバンドの混合編成だが、これがまたシブいカスタムしたバイクみたいでカッコいい、ストレートなロックだ。
アルバム発表を待ちつつ、SoundCloudぜひ御チェックください。

・知花竜海氏は読谷レペゼンでいつか呼びたいと思っていて、今回ついに決定。
当日はどういうサポートメンバーがつくのか、ソロなのか、編成は秘密のお楽しみ。下記リンクの動画見て燃えててください。

・エロティックギターでおなじみセンヤ氏にお願いしたら、去年引っ越してきたばかりのシンガーソングライター・河合さんとつないでくれ、一緒に出ていただくことになった。これも非常に楽しみだ。

・音響を担当するのは以前ハリクヤマク名義で出演してくれた、若き天才Makoto Goya氏。
俺の「ロックバンドの音響たのむ!バタチーいっちょう!」の注文にもアイヨとばかりに快諾してくれた。

・・・しかし今回のメンツにウチナー姓の多いこと。
バタチーで「トウマ」さん、「糸満」モリト他、「知花」竜海くん、音響「ゴヤ」まことくん。
それらに内地出身のセンヤさん河合さんらが混ざって一緒に演れる事がうれしい。
姓だけではわからないが、以前から思っている、島の人とも自然に混ざってやれたらというのの、ちょっとした集大成気分だ。

これはお店に関しても言える事で、
10年くらい前にきとねを始めたころは「ナイチャーが集まって何やってるかね」みたいに言われたものだ。
回を重ねるうち、少ーしずつ村内の出店者が増え始め「島の人もだんだん増えてきてますからっ!」とアピールしてきた。
地域になじまそうと、オキナワの店や音楽家を無理に呼んでも意味がない。俺は不義理で薄情なほうだから、自然にはえてきたようなつながりがよかった。

それが最近の出店応募の代表者を見ると「オキナワ姓」が満載なのだ。
きとね市の違和感はゼロにはならないだろうが、今くらい混ざってくれたら俺はもう充分だ。
ジャンルを超えた出会いや再会により「こことあそことつながってたんだヨー!」とか喜ばれたとき、市場をやっててよかったなと思う。
かくして、地元・内地・色んな土地の人、古くからの人・新しい人のラインナップとなった春のきとね市を、どうぞよろしく。


daiki

<Music Live:TIME TABLE>

午後2時頃~⬛河合良信&ザ・バタフライボーイズ(ホワイト・センヤ)

午後3時頃〜■知花竜海

午後4時頃〜■Buttercheeze Roll


Sound Engineer :

■Makoto Goya ( harikuyamaku )




さ〜〜それじゃあ、
詳しいミュージシァン紹介いこうかねー!
※なんの呪いか、文字の大きさが勝手に狂ってしまいます。
故意に変えてるとこもありますが、修正も効かず怖いです。
なんとか読んでみてください。
ーーーーーーーーーーーー
Buttercheeze Roll
d0123793_19082477.jpg
BUTTERCHEEZE ROLL:プロフィール
2012年沖縄にて結成。
メンバーはバタフライコレクターズのTOMA、NAGAYAMAとマルチーズロックのMORITOが意気投合しある意味合体したバンドである。しかしそのどちらのバンドとも音楽性の合意性は無く、よりハードコアな現在の沖縄では珍しい正にグランジロックンロールな音楽である。
結成当初はバタコレのNAOYAがドラマーだったが2015年からはチッチ&ベターのCHAGHEEが参加している。現在初アルバムの為のレコーディング中。
左から TOMA (g,vo) MORITO (g,vo) NAGAYAMA (b,vo) CHAGHEE (ds)


音源が聞ける、サウンド・クラウドの「BUTTERCHEEZE ROLL」のサイト




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
知花竜海
d0123793_18083588.jpg
知花竜海:プロフィール
読谷村出身のミュージシャン。
'99年にレゲエ・ヒップホップ・沖縄民謡などを取り入れたミクスチャーロックバンド DUTY FREE SHOPP.を結成。
2002年中国北京へ一年間留学し、現地でも日中混合ロックバンド「品味期限」を結成しアルバムを発表。
帰国後ラッパーのカクマクシャカとのコラボ活動を経て、現在はソロアーティストとして沖縄県内を中心に活動中。
沖縄のアイデンティティーに強くこだわり、歌詞には消滅の危機にある沖縄の言語「うちなーぐち」を積極的に取り入れている。
また、ソウルフラワーユニオンの伊丹英子らと共に名護市辺野古で野外音楽フェスティバルを主催するなど、音楽を通して沖縄の社会問題にも積極的に取り組んでいる。

1stソロアルバム『新しい世界』好評発売中!!
【WEB】
http://akagawara.com

【YouTube】
https://youtu.be/XzWwPc7ZFhs
https://youtu.be/F01qfC-W438

【てぃーだBLOG】http://chibanatatsumi.ti-da.net
facebook、Twitterやってます。

  ・  ・  ・ 



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

河合良信&ザ・バタフライボーイズ(ホワイト・センヤ)
d0123793_11194245.jpg
・河合良信 (g,vo)
福井県出身。土と風の旅人、唄歌い。
日本全国のライブツアー、そして海外を旅しながら訪れたゲストハウス、ストリート、地下鉄などで演奏。
約1年前に本部町へ移住。
現在、イラストレーターmicky mountaioと共に『手づくり工房モフ』を運営。
音楽をやるかたわら、パン作りや家具作りをしている。





d0123793_11194207.jpg
・ホワイト・センヤ (g,vo)
愛知県渥美半島出身、西荻育ち。 フィンガーファイブ、南沙織、ビートルズで音楽に目覚め小5でギターを始める。
日本語詞によるサイケデリック・ロック・バンド「ザ・スペシャルヴュー」を結成、 90年代から00年代前半にかけて東京のアンダーグラウンドシーンで精力的に活動をおこなう。
3.11後、愛すべき20世紀の文化と東京を捨てる決心をし、2012年読谷村に漂着。
現在、本部山里の山小屋を宿にすべく改修準備中。
座右の銘は「世の中に音痴はいない」


・  ・  ・
d0123793_19313262.jpg
きとねでのライブ写真はセンヤさんのFB頁より拝借。
見ての通り、まっすぐな河合さんとは対照的にセンヤさん、あは〜〜んとわき毛がそよいでる感じであります。そしてノイジーなギター。水と油が不思議に混じり合う、ドレッシングのような神秘ユニットでした。
daiki


ーーーーーーーーーーーーー


Sound Engineer :
Makoto Goya ( harikuyamaku )
d0123793_11194170.jpg
Makoto Goya:
TODR Sound Producer / Dub Engineer / Recording Engineer

daikiより
この日は音響エンジニアとしてお願いしてるが、彼自身はそもそもベーシストでもあり音楽的センスはほんと素晴らしい。我がパンクバンドR.A.G.Sのアルバムも彼に録ってもらった。
↓マコト氏の音源が聴けるSoundCloudの58makotoサイト

ーーーーーーーーーーーーー紹介以上!


彼らの名前、
どっかで見かけたら、
行ってみてね!
またひと味ちがうはずだから!


















[PR]
by kitone1 | 2016-03-31 14:58 | ★ライブ出演者達★

2015年12/05 冬じたく きとね市 〜聞かせてよ 愛の言葉を〜 LIVE出演者達

シマブクロヒトミ

d0123793_14005406.jpg
江島で田舎ソングを歌う、マギー母ちゃん。


・・・前回、夏のきとね夜市では残念ながら船が欠航しましたが、今回は見事リベンジが叶いました!
ステージ前では沁み沁み感動的な唄に涙を流す女性達も!

______________________

fc∞py

d0123793_13092631.jpg
d0123793_13094048.jpg
fc∞py :profile

Miracle image navigator。映像制作、DJ、MC、イベントオーガナイズ、ウェブ&グラフィックデザイン、インスタレーション…∞…と多岐にわたる表現活動を通して、時空をファンタジックにポジティブチューニング。新潟の山紫水明な里山で生まれ育ち、大学進学を機に上京。1996年より、感情の赴くままに様々なシーン(ライブ、パーティ、旅、etc)を撮影。その独自の視点の稀さから、自然にフリーの映像作家としてTV番組やPV等で起用されるようになる。1997年、y∞coとエクスペリメンタル・アートユニット“QofQ”を結成。都内のクラブシーンやアートイベントを中心に、映像×音楽×装飾を用いて、絵本的世界を繰り広げるライブ、インスタレーション、ワークショップを展開。青山ワタリウム美術館やスウェーデンのアートイべント等に参加。1998年より、映像制作やQofQ活動と並行して、数々の音楽イベントをオーガナイズ。2003年2月、神秘に導かれ沖縄へ移住。*LOVE*というテーマで時間と空間を彩るパーティ【Message of Love】を主催。2007年、多彩な女性アーティスト達によるデコレーションユニット“PRISMIC FLOLA”を結成。2008年、イラストレーターのpokke104とライブペイント&アニメーションユニット“TWINKLE☆JAM”を結成。二児の母となった今も、こどもたちと共に、光と音と人が奏でる Magical harmony を追求し表現する日々を満喫中。http://fcoopy.exblog.jp


・・・2008年、夏のきとね夜市では読谷村むら咲むら・松の木広場でプレイしてもらった。
・・・・・・・時が経ち7年後の冬じたくきとね市、フクーピー再臨。永遠の女子力をもつ母として。
酔狂でない、本気のキラキラモードに敬服します
dk

____________________________________________________________

香取光一郎
d0123793_17301711.jpg
香取光一郎:
1974年大阪生まれ、2001年から沖縄に移住する。

ピアノ、アコーディオン、フルートなどの楽器を用いて、様々なジャンルのミュージシャンと共演。
ピアノで参加しているバンド「paap」では、2008年8月にリスボンのジャズフェスティバル「JAZZ AGOSTA」とロンドンのカフェ「OTO」に出演し、好評を博す。
アコーディオン弾き語りのソロ活動では、観客も一緒に参加できる歌声喫茶風ステージも行っている。
また、沖縄ちんどん屋同好会、比嘉座の芝居の音楽などを通して、音楽と人とのより多様な関わり方を模索している。
 
2011年12月にアコーディオンソロCD「音の見本帳~その1~」完成。全25曲中オリジナル22曲。ミュゼット、タンゴ、ワルツ、ジャズ、童謡、民謡など幅広いジャンルの曲を収録。

d0123793_17302155.jpg
ダイキより:
事前に出演を依頼するとき、「聞かせてよ愛の言葉を」というサブタイトルから、何かシャンソン的なものとかありますかと聞いたら奇しくも「その曲ちょうど練習してましたよ」との返事!
ギリギリのスケジュールの中、森までかけつけてくれ、素晴らしいステージをひもといてくれました。
ライブ後、山ひつじ舎陶器の未可さんと「アコーディオンもいいけど、唄がまたよかったね!ほんといいね」と盛り上がったのが嬉しかった。
香取氏は今までも様々な編成で何度もライブ出演してもらってます!
本当に素晴らしい音楽家「香取光一郎のサイト」はとっても面白いので閲覧をおすすめします。
http://katoriinu.lolipop.jp/web/index.html








[PR]
by kitone1 | 2015-12-22 23:24 | 音楽ライブの出演者達

2015年8月22日 夏のきとね夜市 〜 IN THE MIDNIGHT HOUR 〜LIVE出演者紹介■シマブクロヒトミ■小湾咲貴■オスマン オランド ビングル■DJ asahi

シマブクロヒトミ(弾き語り)

d0123793_14492268.jpg

伊江島で田舎ソングを歌うマギー母ちゃん。


daikiより:
台風の影響で船が欠航になり、残念ながら欠場に。

かならずリベンジ出演してもらいます!お楽しみに!!



ーーーーーーーーーーーーーーーーー


小湾咲貴(SHOCKING桃色)

d0123793_14502142.jpg
2008年よりSHOCKING桃色のギターボーカルとして活動開始。

平行して2011年JACK THE NICHOLSON'Sのドラムとしても活動開始。

ロックンロールとパンクロックが好きで、偏見と食わず嫌いが嫌い。

ソロ形態での活動は依頼を頂いたらやるスタンスでマイペースに活動中。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


オスマン オランド ビングル (with friends)

d0123793_14513882.jpg
ガーナ出身のトーキングドラム&パロゴ(コンガの原形)奏者。
ソロだけでなく様々なジャンルのミュージシャンとのコラボ演奏も行う。
今年から始めたニューアフロビートバンド、TENUGUI BROTHERSも大注目! 手拭いメンバー増殖中! 自身が企画するイベントAntaru Festivalは10月31,11月1日に開催予定!(スペシャルゲスト知久寿焼)


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


asahi / HIDDEN PROJECT

d0123793_14523686.jpg
96年に沖縄へ移住し08年よりDJ活動をスタートする。

沖縄県那覇市は桜坂gに開催されているミニマルを軸にしたパーティ 「HIDDEN PROJECT」を主宰。


・・・はじめは喫茶カラーズのRYUJIOの予定だったのが急用で出れなくなり、「この人なら大丈夫」と太鼓判で紹介されたのがアサヒ氏でした。当日は、大量のコンクリートブロックとテーブルを持ち込んでのDJ卓で、アナログレコード盤だけのプレイ、素晴らしいDJをしてくれました。ありがとうアサヒ氏!(daiki)






[PR]
by kitone1 | 2015-08-22 00:00 | 音楽ライブの出演者達

2015 春のきとね市 〜 going my way 〜 ミュージシャン紹介■ NSN ■ 天玉 - AMATAMA -■ 川満 睦 (key)× ヤンプ・コルト■ DJきらきら富山さん

市場と音楽 春のきとね市 〜 going my way 〜
日時:2015年 4月29日(水・祝日)
会場:県民の森 キャンプ場(沖縄県国頭郡恩納村安富祖2028)
主催:青い森
入場無料・小雨決行・荒天中止(開催情報はこのブログや下記SNSにて)
出店者一覧はコチラ→ http://kitone1.exblog.jp/21621463/

MUSIC LIVE

15:00- NSN(アコースティックユニット)
16:00- 天玉(AMATAMA)
17:00- 川満 睦 (key)× ヤンプ・コルト
18:00- DJきらきら富山さん


ミュージシャンの紹介いきます!



■ NSN
懐かしのフォークソングをアコースティックなサウンドでお届けします。



■ 天玉
- AMATAMA -

 (三線、シタール、島太鼓の織り成す民族系∞沖縄民謡楽団)
d0123793_13444714.jpg
天玉 - AMATAMA -
オリエンタルで摩訶不思議な沖縄民謡の世界を探求中。
沖縄南部を中心にメンバーは変幻自在に活動。
アマムと玉城のメンバー中心に結成したのでAMATAMA(天玉)
右から呼んでも左から呼んでもAMATAMA シンメトリー. 
あまねくすべてを照らす天の玉のように天玉となりました。
カタカムナで宇宙という意味だと後で聞きました。

■ 川満 睦 (key)× ヤンプ・コルト
d0123793_16231260.jpg
川満 睦:(かわみつまこと)
那覇や沖縄市で現在活動。10代からメロディ・ショップ / グリーン・ドルフィン / ライトサウンドクリエイション / GSBand / Lucky Lips / ワルツの初期 / ダイナマイツ / その他・・石垣勝治バンド / さいころ / がちゃデュオ / 下地勇バンド その他・・・最近では Lucky Lips / Chico trio / Romel Amado with Captain Chickenheart & Mud Boat / ベギーデュオ・・・その他、ソロや様々なセッション、レコーディングなどに参加活動中。



d0123793_07002142.jpg

ヤンプ・コルト:
2009年、名前を藤乃家舞(mai fujinoya)から『ヤンプ・コルト』(yamp kolt)へ変える。

ベーシスト、ギタリスト、作曲、作詞、プロデュース、レコーディング・エンジニア、楽器製作(ワイヤフォン、 yamp kolt SPRING)、Mac.ベイスのオリジナル・レコーディング・ソフト”REX”開発、オーガナイズ、リミックス、DJ等、多岐に渡る。

藤乃家舞(mai fujinoya)名義で『サノバラウド』(2002)、『FAR』(2004)、『Hanger-on-off-Kingdom』(2005)、『dance on white』(2007)、『gold leaf』(2007)等のソロ・アルバムの他、UAへの楽曲提供とプロデュース(CD『SUN』『golden green』『ATTA』(作曲/プロデュース))、画家の大竹伸朗とのDVD『MOUSE ESCAPE』、DVD『ドレミノテレビ』(NHK)等に様々な形で参加。

マーク・リボーやジミ・ヘンドリックス・ジプシーズのジェラルド・ベレッツ、バリ・ガムランの 天才集団”スダマニ”等とも共演。
内橋和久、外山明、梅津和時、大倉正之助等と数々のインプロヴィゼションのセッション。

映画音楽:『W/O』(音楽監督)、『エレクトリックドラゴン80000V』『五条霊戦記』『空中庭園』 参加、『ねじ式』『殺し屋1』(リミックス)等。

リミックス:『ミーン・マシーン』等。

インスタレーション:『ジャック』(w/志賀理江子)(山口県/YCAM)。

レーベル(セメタリーレコーズ/FAR)、イヴェント『サノバラウド』『live FAR』シリーズ主宰。
http://www.cemetery-records.com





■ DJきらきら富山さん
d0123793_16241354.jpg
富山出身、沖縄在住8年目。86年生まれ左利き。2007年、沖縄の伝説的レイヴ "message of love" で同年代の仲間と出会った事をきっかけにDJ活動を開始、以来、沖縄市コザの "音洞" や那覇市 "熱血社交場" を始めとする県内各所のクラブ、ライヴハウス、海岸や路地などでプレイを重ねる。2012年1月に那覇市 栄町市場にシェアハウス、"ナハウス" を立ち上げる。居間にDJブース設置し、キッチンの戸棚からVJ映像を放射する日常⊂非日常パーティー「インナハウ ス」を主催。2014年3月より那覇市美栄橋 "Record&Music Bar on " 店長。
https://soundcloud.com/ishikur0




















[PR]
by kitone1 | 2015-03-19 18:07 | 音楽ライブの出演者達

「 harikuyamaku」 2014冬〜オルタナティブ・サロン〜出演



harikuyamaku
( Tower of Dub / 銀天団 )
1989年沖縄生まれ。

コザ銀天街、Tower of Dubを拠点に活動するトラックメーカー/ダブエンジニア。
14歳の頃からベーシストとして音楽キャリアをスタートさせ、2007年頃から、58名義でトラックメーカーとして活動を開始。

2012年、アジア~ポリネシア各地の放浪、四国八十八カ所霊場巡礼の後、自らのルーツである琉球を意識するようになり、琉球民謡の7inchレコードを収集し始める。
ちょうど同時期にReggae/Dubの洗礼を受け、集めた古い唄を基にHarikuyamaku名義の楽曲「島DUB」の制作を開始する。
2013年春、コザにそびえる銀天街タワーを自ら改築し、レコーディングスタジオ「Tower of Dub」を完成させる。
その後、そこで集まったメンバーでDub / Jamバンド「銀天団」を始動させるとともに、コザ音洞にて「PAGAN DANCE」にレジテンスとして参加。
同年12月、沖縄の古謡を独自の自由な解釈で再構築してDUBワイズしたアルバム「島DUB」を発表。
その後、アルバムを引き連れ、関東~関西を3度に渡ってツアー。「橋の下世界音楽祭」の出演や、京都屈指のJamバンド「soft」とのセッションなど、活動の幅を大和へ広げている。


harikuyamaku サウンドクラウドのサイト
https://soundcloud.com/58makoto


そして!傑作!老若男女が楽しめる一家に一枚!

「島dub」harikuyamaku
d0123793_10565135.jpg
マスタリング:DJ SINKICHI
ジャケット:アカーシャ
トータルデザイン、パッケージング:ハリクヤマク
自主レーベル Tower of dub recordings より

さあ、CD屋へ走ってね!
http://cdya.cart.fc2.com/ca5/84/




[PR]
by kitone1 | 2014-12-08 10:45 | 音楽ライブの出演者達

たけたま ニュースタンダードファミリー 2014冬〜オルタナティブ・サロン〜出演




音のゲスト、たけたまを紹介します。

伸びやかで味もある声で熱いメッセージを放つギターボーカル、
時折鳴らす足鈴でもうドラムいらず!抜群の安定感で包み込む大船ベース、
常に控えめな音量がだんだんクセになってくる、クールなギター。

シンプルかつ楽曲を大事にした、三人のかざらないプレイに胸を打たれました。


たけたまニュースタンダードファミリー
ボーカル、ギター、作詞作曲
川口タケマル剛生
1965年京都伏見の公務員官舎団地生まれ幼少の頃から引越し多しの故郷無し。物心着く頃より勝手に唄い出す、初唄は「帰って来たヨッパライ」と「フランシーヌの場合」。小学校の遠足のバスの中で花登筐のTVドラマ「どてらいヤツ!」のテーマソングを熱唱し運転手に褒められる。中学生時 キャロル 矢沢永吉 クールス等 ヤンキーロックに目覚めホーキがマイクスタンドに成りギターに成り、成り上がりを読み夢見がちに拍車がかかる。高校時 英米国のパンクロックカルチャー、東京ロッカーズ、東京NEWWAVE、関西パンクの波にのまれ未だ揉まれる。
東京ロッカーズのリザード京都公演の客席で田畑満(アシッドマザーズテンプル)と出逢いバンド「蛹」を結成。ベースに画家志望の同級美術高校生ホソイヒサト(現チルドレンクーデター、細井工房)が加入、関西圏ライブハウスや京大西部講堂のイベント等出演。日本レゲエシーンの魁となるオムニバスアルバム「ジャパンクラッシュレゲエライナー」に蛹オリジナル楽曲「三重苦少年の歌」で参加。レゲエシンガーPJの中学生時の歌声PJ&クールランニングスや69バンドも参加している。復刻望む声がしている。
高3秋 同志社大学園祭にて暗黒大陸じゃがたら ジャングルズの東京リアルストリートロックを目撃し血沸き肉躍る。
翌夏 東京日比谷野音で行われた「天国注射の昼」を鈍行に揺られ見にゆく、THE FOOLS じゃがたら に再度血沸き肉躍る。同秋 じゃがたら秋の学祭ツアーのロードマネージャーの様な事をしそのままツアーバスに同乗し東京上京暮らしはじめる。様々な職業を経験しながら、
THE FOOLSや山口冨士夫バンドのライブハウス公演で出会った仲間らと自らもバンドを結成し都内ライブハウスで不定期に活動するがどの波にも乗れず当時の音源等の作品は残されていない。そんな暮らしを十年程続けるが業を煮やしカナダへ渡り一年強ワーホリ生活、で目撃体感した西洋白人の保養地国家と思われる独立国カナダの暮らしぶりの優雅さ人々の平和さに母国日本の「日本株式会社(byじゃがたら)」さを痛感する。
帰国後とりあえず落ちつこうと両親の移住していた滋賀県琵琶湖西に住み着き家庭人と成り子供を授かる。仲良くなった地元人有志と素人バンド「びわくらげ」なるもの結成し地元スーパーの夏祭りで披露したり町起こし活動に参加をする。
地元TV番組のミュージシャンキャスターの今津町ウォーリズ文化会館公演を会館スタッフと共に開催し番組で紹介される。自ら書き溜めた楽曲を弾き語り始め関西ライブハウスを唄いまわる。唄う旅人 浅田純平、大島圭太、カワちゃん等と出逢い共鳴するなど様々な横の繋がりを買ったライブハウスのオーナーと「横の繋がり拡げまショットナイト!」「勤労感謝だ!働くバンドマン大会!」「太子ロックフェス」「ポジティブスパイラルBBQ」など企て様々の出会いを試みる。
滋賀人シンガーソングライターAKIRA企画の地元社会人野球チームの応援歌CD計画にボーカルギターで参加。未発表。
ベース石田珠紀、ドラム芝原秀司、と共にロックバンド「タケマル&ニューソウルバディ」を結成。関西 名古屋 東京 福岡 各都市で公演し、東京時代の先輩旧友バンド「DEEPCOUNT」「藻の月」「サダ ザ モンゴロイドスポット」等と行き来公演 滋賀ロックシーンと東京ストリートロックシーンの交流を企てる。
3.11アフター
風光明媚な暮らす町も福井若狭の発電所の近所なのを痛感。フットワークの軽さが今後人々の為になるのではないかとの想いもあり家族での沖縄引越しを2012初春決行。
現在沖縄県本島 北部本部町在住。
引越し転校を切っ掛けにギターを始めた長男 樂人、御母ん石田珠紀と新しい家族の縁取り「たけたまニュースタンダードファミリー」結成。たけたま の旧友ミュージシャン浅田純平、井上卓、木下弦二、ソラネコ、ふちがみとふなと、宅島淳、等の沖縄北部公演のサポート共演や地元のイベント等の出演を地道に続けている、と今此処ら。交流のある先輩ミュージシャンの相次ぐ訃報に心痛み再度東京で唄う事を決意、
東京在住の旧友ミュージシャン福島誠二B(THE FOOLS 奇形児 SOO) 田畑満G(ex蛹 ボアダムス ゼニゲバ nowアシッドマザーズテンプル等) 大島一威G(THE FOOLS 藻の月) 村上雅保Dr(THE FOOLS 東京THC 等) エルビン伊藤Pr(火星人)の力添えを得て「ザ ミラクルミドルス」を結成、今春夏 東京公演を果たす。
タケマル談
「振り返れば唄い続けている半生でした。こだわりは先人江戸アケミの残した言葉 (お前はお前のロックンロールをやれ!)ではないかな、、その意味を未だ求めて作詞し、ロックミュージックに乗せて意思表示を続けています。」
「授かった子宝への継続伝承は遺伝子環境もあり案外楽だ。」「先人達の示したロックンロールスピリットの継続伝承に一役腕を振るいたいなと、思わけです。」
次世代に渡り転がり続けるつもりだ。
d0123793_01424603.jpg
d0123793_01425680.jpg
d0123793_01431715.jpg
d0123793_01441256.jpg

石田珠紀 プロフィール
フレットレスベース、コーラス担当。
小さい頃から『音楽をやる人になる』ものだと思い込み、今に至る。
ベースを始めたのは高校1年生。凄く上手な子が居る!と地元で噂の存在に。そして大学1年の時、楽器店主催コンテストでベストベーシスト賞、受賞。
その年の秋、山本かな子と『月下美人』結成。京都・大阪を中心にアンダーグラウンドアコースティックシーンで活動。
ギターとベース、そして歌のみで奏でるグルーヴ感とその空間の心地よさが話題となり、京都FMのDJ後藤晃宏氏の耳に止まる。1999年、1stアルバム『月下美人』制作。後藤氏の番組でヘビーローテーションとなる。

続いて2001年には2nd『ショートケーキ』制作。センチメンタルシティロマンスの細井豊氏、Sax奏者の武田和大氏、ヴィオラ奏者の木野内一宏氏に参加してもらう。
2004年、3rdアルバム『ナチュラルポワゾン』のレコ発ライブでは、麻利、jimamaが参加。大阪バナナホールを満席にする。
2007年、京大西部講堂で行われた『ボロフェスタ07』に参加。この年の出演者には、銀杏BOYS、bonobos、斎藤和義がいた。続く2008年もボロフェスタ参加。この年は鴨川河川敷で夕暮れの空をバックに演奏。
同年、奈良国立博物館にて、第60回正倉院展イベント『音燈華』出演。ジュスカグランペールと一緒に秋の奈良に彩を添える演奏をする。
主に関西ライブハウスで活動。
その演奏力を買われ、AKIRA、Aya、チエルーム、ドンカジョン、秋人など数多くの関西ミュージシャンのアルバムに参加。川口剛生と『たけたま』結成後は東京のミュージシャンとの交流も深まる。
2012年、沖縄へ移住し『たけたまnew standard family』や、
hanchanとgakutoとのユニット『patapata』などで活動中。
d0123793_01583233.jpg
d0123793_01584401.jpg
d0123793_01585481.jpg

川口樂人 プロフィール

ギター担当。1998年生。沖縄県立高一年生、軽音楽部所属。

ギターを手にして三年弱、その上達ぶりは様々なミュージシャンを唸らせている。同級生等でロックバンド「エリアB」を結成し、来たる12/13SAT 名護バードランドにてハイスクールロックフェスタなる催しに参ら加ライブハウスデビューを控えている。

川口家長男。

d0123793_02011158.jpg
d0123793_02015462.jpg
d0123793_02012420.jpg
d0123793_02014086.jpg

d0123793_02020813.jpg




・・・最後に、ボーカルのタケマルさんより、歌詞とメッセージが届きましたのでそのまま載せます。





で、そんな僕がどんな唄を歌ってるかってことで、歌詞を紹介するので、載せて下さい。

先ずは、そんな流れで息子に捧げた曲

~俺の言うてやれる事〜

もしもお前がそのちっちゃな胸いっぱいに溜まったモヤモヤを上手く言葉にのせることが出来ずに頬を赤らめてる時

もしも誰かがそんなお前を冷やかしたり茶化したりで、そのちっちゃな胸は今にも破裂しそうで拳握りしめちまったら、

言ってやれ

そんなにやいやい急かしやさんな言葉に出来ない気持ちさえ抱きしめおいらは生きてゆくんだそいつがラブソングさ


持ち前の笑顔が鳴りをひそめてなんだかさみしそう、ゆっくりでいいから話してごらんよ、一人で背負い込まないで

言いたい事いってしまったら、傷つけちゃったのかい、

やりたい事やっちまったら、列から弾かれたのかい、

おやおや

最初つから上手くは出来やしないさ気が滅入りそうな毎日も

背負って俺たちゃ生きてゆくんだ、そいつがブルースだ


ドンウォリボーイいつものお前で

ドンビアフレイ心のままに行けー!


もしもお前がなす術も無く途方に暮れ前に進めなくなったら、気にせず帰ってくればいいさそして思い切り泣けばいい、

もしも誰がそんな土産話を笑ったり一緒に泣いてくれたりしたらそいつとまた一緒に出かけりぁいいさ!

そうさそんなに上手くはいきやしないさ、行ったり来たりをくりかえりし、前でも後ろでも転がってゆくんだ!

そいつがロックンロールさ!


どぉーってことはないさ、それがどうした!なにがどうなっても信じるベキものは一つ自分だけ!

どぉーってことはないさ、それがとうした!なにがどうなっても疑うベキものも一つ自分だけ!




はい、続きまして

俺の言うてやれる事パート2~道標〜


近頃成長著しいな、日に日にお前は変わってゆくね

歳を数え忘れた俺とは別の生き物のよう

自分でも驚いているだろうな、日に日に変わる自分の姿

お前見てると思うよ、人生とは確かな時を刻む

アハアハハアハハ

アハアハハハアーハハ

俺も親父によく言われたものだ人生とは光陰矢の如しやぞ、

たー!

ガキの俺はなーんやそれ、知らんぷりしている間に、

いつかのガキが親父でガキの親父がガキに言う、ホントあっと言う間だよいろいろあるけどね人生て


あは~〜


内に幼さを残しながらも君の体は日に日に大人に近づいてゆくよ、その早さに戸惑い君の想いは日に日に真実を探す う


世の中色んな考えがあり、全てが優しいとは限らない

デマやエゴに気をつけてそーっと胸に手をやってその目で見て来たものだけを静かに友と語り合い、

その手で触れて来たものを時には熱く語り合え


アハ~


誰かの旅の土産話しでは無く、その足が踏んだ道程を、その足が踏んだみちのりをいつか俺にも聞かせてくれよ、


内に幼さを残しながらも君の時間は日に日にスピードを増してゆくよ

その早さににつまづき君の歩みは日に日に地面を踏む う


直感は大いなる道しるべだ!

直感を信じて進んだらええー!


だんだん感じているのかな?そろそろ善し悪しわかる歳

だんだん感じているのかな?そろそろ人生決まるころ!


あはあははあーははあはあはははあーはは


てな感じの歌詞です。きとね市当日は親子連れも盛りだくさんやろし、ハルコニーさんからの流れを大切にして、このような親子家族ノリのナンバーを歌おうかなと思ってます!

他にも時間許す限り盛り沢山、色んな曲を紹介したいです!


どうぞよろしくお願いします。晴れますように!









[PR]
by kitone1 | 2014-12-03 23:53 | 音楽ライブの出演者達

特集:ハルコニー/「halcony of harmony」2014冬〜オルタナティブ・サロン〜出演



daikiです。
今回のライブエリアは、これぞ的な、木と根の間がステージです。
そこで唄ってくれるhalconyはきとね市にもゆかりが深い存在です。
そんなハルちゃんの特集です

今回はソロでお誘いしたら、ユニットで出演となりました。その名も

halcony of harmony

唄う女神、ハルコニーが仲間と響き逢う、、そんなユニットだと思います!(daiki)

唄・ウクレレ/halcony
スティールパン/トンチ
フラ/U'i Ohana

halcony
purofi-ru
魚座 愛媛生まれ 大阪育ち京都をへて
2001年 沖縄移住。 民宿月光荘へて
男の子2人を授かり 2007年 唄いはじめる。

「PRISMIC FLORA」女子デコレーションユニット
「おてあて通信」執筆
「ティダノワ祭」「宇宙の大丈夫バンド」
2013年1st album 「NOW is only this moment」リリースのちすぐ子連れASIA一年間の旅へ出発。Malaysia~Nepal~Laos~Thai~
2014年北タイ.Chiangdao「シャンバラ祭り」出演のち帰沖。
現在久高島対岸に位置する沖縄知念村で生活中

幼児向けの親子音楽会
「オトアシビ」毎月開催
ウクレレ教室も随時受け付けしとります

メッセージ (by halcony)

かの昔「AntiGiant Market」その一文にときめいた!
ちいさな小売店は姿を消す一方、時代に一石を投じるようなaction 波紋やがて大きくなって今や市スタイルは定着しつつある もとはといえばもとの姿なのだから なつかしくかえるのだ

顔の見える豊かなことよ
手から手への伝わることよ
ほんまもんの音の残ることよ

数々の出会いを繋いで来た市だから
原点のようなその場所へ

呼んでもらえて感謝感激雨霰
2014年師走 きとねいちへいらっしゃい!






d0123793_11234085.jpg

トンチ

プロフィール:

小さい頃からピアノを習う。

1998年からスティールパンを始め、2ヶ月後に訳も分からず発祥国トリニダードへ。

「上手くなったらチームに入れたるわ」と言われ日本でがんばる。

2003年再びトリニダードへ。 約1年間、インベイダーズというチームに入り活動。

エクソダスのメンバーとカリブの国々でカーニバルの演奏ツアーetcをし、、、

帰国後、ソロ活動・作詞作曲・セッションや、 OOIOOや朝崎郁恵さんのレコーディングの手伝いやUAの演奏、

クラムボン原田郁子ちゃんとセッションなど。

http://www.tonchii.com/


halconyより:
はじめて一人で人前で唄った時、 スティールパンをたたいてくれたトンチ。
沖縄きたら酵素風呂で一緒に汗ながす10年来のお友達 
お友達っていいなぁと毎回思わせてくれる。   
今回の大事なライブ 
大好きな彼女をお呼びしました 
今のこのharmonyを聞いておくんなまし〜 ☆

  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・

そして!そんなハルコニーが当日は唄だけでなくワークショップも行います!!

毛糸曼荼羅ワークショップ 
(点から線そして面へ 小さなお子様からつくれます)
by halcony&tenk  
時間 13:00~ 
料金 300円 
場所 本部前(ステージ横)
d0123793_12563196.jpg
d0123793_12565654.jpg

  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・

最後に!
今回、ステージ横に本部兼「青い森商店」ブースがあります。
当日そこで関係者のCDも販売します。
とても素晴らしいhalconyのCDを一家に一枚、強力おすすめ盤です。


halcony
[
Now is only this moment]
d0123793_13021334.jpg

halcony 1stCD 「Now is only this moment」
Rec&Mix 田原颯麿(tahara soma)



おまけSHOT
photo by うー
d0123793_12352179.jpg







[PR]
by kitone1 | 2014-12-02 13:05 | ★ライブ出演者達★

2013年12/23冬のきとね市〜ゆく年狂う年〜出演:照屋まさお、永山愛樹ほか

■吉村 伊織(日本舞踊と長唄三味線)
d0123793_1022963.jpg

祖母が芸者、母は舞台女優の家に長女として生まれる。イギリスで舞台演劇、アメリカではポストモダンダンスのパイオニア、アナ・ハルプリンのもとでダンスを学び、現在は日本舞踊の技術をベースに、創作および即興舞踊を行っている。昨年2012年より沖縄県うるま市に在住。
主な舞台は、シアトルにおいて、「爆弾と希望」"The Bomb and the Hope"(2010)、「生残者」"Survivor"(2011)、沖縄では琉球フェスティバル2013にて「梅の寿」。

「今回のきとねいちでの踊りの テーマは、華、そして命。冬を彩る命の華を咲かせたいと思っています。」
ご本人からこんなメッセージが届いていました。静かだけど迫力のあるステージでした。
daiki




■照屋 まさお(沖縄民謡)
d0123793_10255953.jpg

1939年、読谷村生まれ。
長年師と仰いだ故照屋林助の父林山師に弟子入りし、古典音楽を学ぶ。
後に人間国宝の島袋正雄師にあずけられる。
また民謡の方は登川誠仁師に師事。
「トゥルゥンテン」「チョンチョンキジムナー」「明日からや」などをヒットさせる。
88年映画「ウンタマギルー」(高嶺剛監督)02年「ホテルハイビスカス」(中江裕司監督)では準主役を演じて好評を博す。
自ら営む照屋三味線店の三線はすこぶる人気が高い。

・・・どこか懐かしいような、でもとことん楽しむステージ。とにかくエネルギーのかたまりのような人で恐れ入ります。本番中に「太鼓をだれか」と呼びかけ、Doucattyで出店中の画家、田原幸浩氏が参入していました。きっと今日もどこかでライブしてるはず!
daiki



■永山 愛樹 (ながやまよしき:from愛知)
d0123793_10313836.jpg

国際的に活躍するパンク・オーケストラの「TURTLE ISLAND」や、少人数編成の「ボンクラ峠」の唄者。
2009年の冬じたくきとねいちに出演してもらったときは独り歌スタイルだった。
今回は香取光一郎(アコーディオン・フルートなど)氏と俺(ドラムス)の沖縄バージョンでツアーを敢行。途中から小宮有二(g,b)も参加した。
魂の唄。有り難い〜〜!
今回はHxAxBxUx氏の呼びかけで来沖が実現した。
daiki

TURTLE ISLAND 公式サイト:http://www.turtleisland.jp/



■DJ 鶴 (女流着物DJ)
d0123793_10461993.jpg

【DJ鶴】紹介
2012年、冬のきとね市で、師匠DJパンダのプレイに感動。
2013年3月3日、師匠パンダと運命の再会。着物姿でDJする、「女流着物DJ鶴」として、DJパンダの魂を受け継ぐ。
懐メロ、演歌、昭和歌謡、沖縄民謡など、赤提灯と熱燗の似合う、心に沁み入ル曲をお届けしています。

オーダーメイドできる本格洋裁の「洋裁店 CHOCOLA」として出店も兼ね、最後にDJしてもらいました。どこまでも止まらないプレイにお酒もすすみました。
daiki

洋裁店 CHOCOLA HP →http://chocolachocola.shop-pro.jp/


■U'i Ohana(ウイ・オハナ)
2011年春に発足したHula Teamです。沖縄県内各地でのレッスン、サークル活動に加え、各地のイベント、ショーなどに出演。Oli(Hawai'ian Chanting)から、Hula Kahiko(古典フラ)、Hula Auana(現代フラ)、沖縄Songsなど、みんなで、楽しく仲良く気持ちよく、成長中です。
[PR]
by kitone1 | 2013-12-23 01:01 | 音楽ライブの出演者達

2013年8/10 夏の きとね夜市 IN 恩納村 出演:¡YA BASTARDS!他

●名城 一幸グループ(沖縄民謡)
d0123793_105422.jpg

会場となっている恩納村ふれあい体験学習センターの中心人物。自ら音楽を奏でます!
http://www.vill.onna.okinawa.jp/Default25fa.html



●¡YA BASTARDS! (ヤ・バスターズ) 
d0123793_1074974.jpg

2012年沖縄全域で活動を開始。突然変異的に誕生した新世代反骨楽団。
元々、音楽性の違う者たちが集まり、クンビアやレゲエ、ダブ、ジプシー、沖縄民謡、昭和歌謡やハードコアパンク等、それぞれが自身の中にあるルーツミュージックを奏で、多種多様なジャンルを美味しいとこどりした奇妙な多国籍音楽が特徴。
https://www.facebook.com/YABASTARDS




●Ras Takashi & Friends (ROOTS ALIVE)
d0123793_10101839.jpg

95年から4年間NYに滞在。96年、Ras Kushと出会い、Roots Reggae Sound『BLACK REDEMPTION』始動。同年、BULLWACKIEとも出会い、WACKIES STUDIOでReal Reggae Vibesを会得。99年に帰国後、DUBSENSEMANIAを始動。2010年、ROOTS ALIVE始動。

http://www.alphaenterprise.jp/rastakashitop.html



●マタハリ・トゥルビット(Matahari Terbit)(ガムランの演奏と踊り)
インドネシア・バリ島の伝統楽器ガムランの演奏と踊りのグループ。2005年より活動開始。メンバーのほとんどがバリ島の留学を経験し、現在も短期で現地に赴き研鑚を積んでいる。沖縄各地で活動中。
d0123793_10133363.jpg

[PR]
by kitone1 | 2013-08-10 09:59 | 音楽の出演者達

2013 4/29 緊急開催きとねいち 出演:ダンボルギーニ、ちえみジョーンズ、糸満もりと

ライブ出演者紹介

この回はいつもの残波岬が工事中で使えず、きゅうきょ読谷村文化センターでぶしあげました。
備え付けのコンクリート製ステージだけど角角凸凹したおもしろい形で、大階段や2階から遠目や上から眺めるのも楽しかった。芝生にすわってかぶりつきで見上げたり、BAR席から酒の肴にするもよしだった。
写真はすべてバナヲ氏(ティーチ・ワン)

生演奏を切り開いてくれたのはまず、
●ダンボルギーニ
確信犯的ストイックな演奏がカッコいいが、また「観て」も非常に興味深いバンドだ。
d0123793_6385748.jpg

ギターボーカル石川栄有(イシカワシゲアリ)とドラム尾上智紀(オノウエトモノリ)によるツーピースバンド。
ダンボルギーニ HP  http://damborghini.com




ひたすらクリアーできれいな歌声に、米須氏の独創的な打楽器(マリンバ、自家製カクテルドラムなど)がからむ、この日はデュオ編成。美しいだけでなくどこかロックで独創的な
●ちえみジョーンズ(with米須YOU SUCK)
NEW ALBUM”being away from indiana ” 発表からまだ間もない。手づくり、ミシン縫いのアルバムジャケットを手売りで発信してました。

d0123793_6454121.jpg
ちえジョンHP http://keeponmusic.com/chiejon/



そしてメインゲスト、マルチーズロックのボーカリスト、
●糸満もりと
d0123793_6481292.jpg
氏の弾き語りのはずが急に,
音響を担当していたガチャピン氏ベース、前出のYOU SUCK氏ドラムで巻き込んでのグループ演奏もおっぱじまり「マルチーズロックです!」(実際彼らはバンドのメンバー)
最後はソロで切々と歌いきってくれ、読谷の夜は8時前にしてしっっかり更けた。

マルチーズロックブログ:http://blogs.yahoo.co.jp/chngs321


市場の一角から、音をたたずまいを放ってくれたミュージシアンに感謝です!
d0123793_721337.jpg




[PR]
by kitone1 | 2013-05-03 07:41 | ★ライブ出演者達★