「名前のない料理店」より

「はるのきとねいち」
日時:2008年4月29日(火)祝日。午前11時~日暮れすぎ
場所:読谷村「むら咲むら」内松の木広場
くわしくは、右のカテゴリ内にある「次のきとねいちは」をご覧下さい。


きとねいちに初回から参加してくれていた「名前のない料理店」さん。
よみたん自然学校での営業を終えて、新たな出発の時を迎えました。
小島さんからきとねいちのブログの皆様あてにメールいただきましたので紹介します。

名前のない料理店は、人知れず密やかに営業して参りましたが、
この度よみたん自然学校における営業が3月一杯となりました。
今までご来店下さった皆様にこの場をお借りして、心から御礼申し上げます。
今後の展開は現在検討中ですが、当面はイベント出店やケータリングを行います。
お声をかけて下さると幸いです。
最後に、このブログの場を提供してくれたきとねいち主宰、だいちゃん、みつ、本当にありがとう。
皆様、また何処かでお逢いしましょう。
ありがとうございました。
名前のない料理店
小島 圭二


「はるのきとねいち」には残念ながら都合で出店されませんが、
「名前のない料理店」の料理が食べたい!食べてみたい!
というあなた、
気軽にケータリングしてください!(080-3963-7614 小島)
「アグーdeごはん」にいらしてください!

d0123793_1052560.jpg


この人のご飯をはじめて食べた時、
「すごいところで勝負してるな」と思いました。
素材と塩の、シンプルで、とても微妙で絶妙な味だったから。

こつこつと自分の食の世界を広げている男です。
これからもよろしくお願いします。

ミツ
[PR]
by kitone1 | 2008-03-27 10:24 | INFORMATION


<< 雑誌「自休自足」vol21にき... DOSHAさん開店おめでとう! >>