Buttercheeze Roll、知花竜海、河合良信&ザ・バタフライボーイズ(ホワイト・センヤ)/市場と音楽 春のきとね市〜ろくじまでのララバイ〜ライブ出演

<ろくじまでのララバイ開催にあたって>

今回は暗くなる前に市が終わるので、ろくじまでのララバイというサブタイトルが浮かんだ。
なぜか「ララバイっつーなら、バンドだ」の心声に従い、メインゲストに「ギタリストのToma氏をバンドスタイルで観たい」と要請したら「バターチーズロール」で出演に!

メンバーには以前マルチーズロックやソロで出てもらったモリト氏もいる。
複数のバンドの混合編成だが、これがまたシブいカスタムしたバイクみたいでカッコいい、ストレートなロックだ。
アルバム発表を待ちつつ、SoundCloudぜひ御チェックください。

・知花竜海氏は読谷レペゼンでいつか呼びたいと思っていて、今回ついに決定。
当日はどういうサポートメンバーがつくのか、ソロなのか、編成は秘密のお楽しみ。下記リンクの動画見て燃えててください。

・エロティックギターでおなじみセンヤ氏にお願いしたら、去年引っ越してきたばかりのシンガーソングライター・河合さんとつないでくれ、一緒に出ていただくことになった。これも非常に楽しみだ。

・音響を担当するのは以前ハリクヤマク名義で出演してくれた、若き天才Makoto Goya氏。
俺の「ロックバンドの音響たのむ!バタチーいっちょう!」の注文にもアイヨとばかりに快諾してくれた。

・・・しかし今回のメンツにウチナー姓の多いこと。
バタチーで「トウマ」さん、「糸満」モリト他、「知花」竜海くん、音響「ゴヤ」まことくん。
それらに内地出身のセンヤさん河合さんらが混ざって一緒に演れる事がうれしい。
姓だけではわからないが、以前から思っている、島の人とも自然に混ざってやれたらというのの、ちょっとした集大成気分だ。

これはお店に関しても言える事で、
10年くらい前にきとねを始めたころは「ナイチャーが集まって何やってるかね」みたいに言われたものだ。
回を重ねるうち、少ーしずつ村内の出店者が増え始め「島の人もだんだん増えてきてますからっ!」とアピールしてきた。
地域になじまそうと、オキナワの店や音楽家を無理に呼んでも意味がない。俺は不義理で薄情なほうだから、自然にはえてきたようなつながりがよかった。

それが最近の出店応募の代表者を見ると「オキナワ姓」が満載なのだ。
きとね市の違和感はゼロにはならないだろうが、今くらい混ざってくれたら俺はもう充分だ。
ジャンルを超えた出会いや再会により「こことあそことつながってたんだヨー!」とか喜ばれたとき、市場をやっててよかったなと思う。
かくして、地元・内地・色んな土地の人、古くからの人・新しい人のラインナップとなった春のきとね市を、どうぞよろしく。


daiki

<Music Live:TIME TABLE>

午後2時頃~⬛河合良信&ザ・バタフライボーイズ(ホワイト・センヤ)

午後3時頃〜■知花竜海

午後4時頃〜■Buttercheeze Roll


Sound Engineer :

■Makoto Goya ( harikuyamaku )




さ〜〜それじゃあ、
詳しいミュージシァン紹介いこうかねー!
※なんの呪いか、文字の大きさが勝手に狂ってしまいます。
故意に変えてるとこもありますが、修正も効かず怖いです。
なんとか読んでみてください。
ーーーーーーーーーーーー
Buttercheeze Roll
d0123793_19082477.jpg
BUTTERCHEEZE ROLL:プロフィール
2012年沖縄にて結成。
メンバーはバタフライコレクターズのTOMA、NAGAYAMAとマルチーズロックのMORITOが意気投合しある意味合体したバンドである。しかしそのどちらのバンドとも音楽性の合意性は無く、よりハードコアな現在の沖縄では珍しい正にグランジロックンロールな音楽である。
結成当初はバタコレのNAOYAがドラマーだったが2015年からはチッチ&ベターのCHAGHEEが参加している。現在初アルバムの為のレコーディング中。
左から TOMA (g,vo) MORITO (g,vo) NAGAYAMA (b,vo) CHAGHEE (ds)


音源が聞ける、サウンド・クラウドの「BUTTERCHEEZE ROLL」のサイト




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
知花竜海
d0123793_18083588.jpg
知花竜海:プロフィール
読谷村出身のミュージシャン。
'99年にレゲエ・ヒップホップ・沖縄民謡などを取り入れたミクスチャーロックバンド DUTY FREE SHOPP.を結成。
2002年中国北京へ一年間留学し、現地でも日中混合ロックバンド「品味期限」を結成しアルバムを発表。
帰国後ラッパーのカクマクシャカとのコラボ活動を経て、現在はソロアーティストとして沖縄県内を中心に活動中。
沖縄のアイデンティティーに強くこだわり、歌詞には消滅の危機にある沖縄の言語「うちなーぐち」を積極的に取り入れている。
また、ソウルフラワーユニオンの伊丹英子らと共に名護市辺野古で野外音楽フェスティバルを主催するなど、音楽を通して沖縄の社会問題にも積極的に取り組んでいる。

1stソロアルバム『新しい世界』好評発売中!!
【WEB】
http://akagawara.com

【YouTube】
https://youtu.be/XzWwPc7ZFhs
https://youtu.be/F01qfC-W438

【てぃーだBLOG】http://chibanatatsumi.ti-da.net
facebook、Twitterやってます。

  ・  ・  ・ 



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

河合良信&ザ・バタフライボーイズ(ホワイト・センヤ)
d0123793_11194245.jpg
・河合良信 (g,vo)
福井県出身。土と風の旅人、唄歌い。
日本全国のライブツアー、そして海外を旅しながら訪れたゲストハウス、ストリート、地下鉄などで演奏。
約1年前に本部町へ移住。
現在、イラストレーターmicky mountaioと共に『手づくり工房モフ』を運営。
音楽をやるかたわら、パン作りや家具作りをしている。





d0123793_11194207.jpg
・ホワイト・センヤ (g,vo)
愛知県渥美半島出身、西荻育ち。 フィンガーファイブ、南沙織、ビートルズで音楽に目覚め小5でギターを始める。
日本語詞によるサイケデリック・ロック・バンド「ザ・スペシャルヴュー」を結成、 90年代から00年代前半にかけて東京のアンダーグラウンドシーンで精力的に活動をおこなう。
3.11後、愛すべき20世紀の文化と東京を捨てる決心をし、2012年読谷村に漂着。
現在、本部山里の山小屋を宿にすべく改修準備中。
座右の銘は「世の中に音痴はいない」


・  ・  ・
d0123793_19313262.jpg
きとねでのライブ写真はセンヤさんのFB頁より拝借。
見ての通り、まっすぐな河合さんとは対照的にセンヤさん、あは〜〜んとわき毛がそよいでる感じであります。そしてノイジーなギター。水と油が不思議に混じり合う、ドレッシングのような神秘ユニットでした。
daiki


ーーーーーーーーーーーーー


Sound Engineer :
Makoto Goya ( harikuyamaku )
d0123793_11194170.jpg
Makoto Goya:
TODR Sound Producer / Dub Engineer / Recording Engineer

daikiより
この日は音響エンジニアとしてお願いしてるが、彼自身はそもそもベーシストでもあり音楽的センスはほんと素晴らしい。我がパンクバンドR.A.G.Sのアルバムも彼に録ってもらった。
↓マコト氏の音源が聴けるSoundCloudの58makotoサイト

ーーーーーーーーーーーーー紹介以上!


彼らの名前、
どっかで見かけたら、
行ってみてね!
またひと味ちがうはずだから!


















[PR]
by kitone1 | 2016-03-31 14:58 | ★ライブ出演者達★


<< 市場と音楽 春のきとね市 〜ろ... 市場と音楽 春のきとね市 〜... >>