さあさ皆さん寄っといで!楽市楽座、読谷公演封切り間近!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

冬のきとね市 ~ オルタネイティブ・サロン ~ 
2014 12/ 6 (sat)@県民の森 (恩納村)
詳細はこちら→→→http://kitone1.exblog.jp/21266082/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


お知らせ;
野外劇団「楽市楽座」の読谷公演が決定したよ〜〜!
d0123793_14424175.jpg
野外劇団 楽市楽座 2014年旅公演
「虹をわたって」(作・演出・音楽/長山 現)

●読谷村・JAファーマーズ ゆんた市場 駐車場
11月21日(金)~24日(月)
18時開場 19時開演

※入場無料、楽しい投げ銭式
主催・お問い合わせ:
野外劇団 楽市楽座 090-9056-7826(佐野)

ツアーは名護、糸満、普天間、那覇と続きます。
他のスケジュールはこちらから
楽市楽座ホームページ http://yagai-rakuichi.main.jp/

・・・思えば三年前の冬のきとねいちでは残波岬でお隣同士開催だった楽市楽座。
今回は2014年の新作「虹をわたって」。海の記憶を運ぶカタツムリ、脱走兵のカニ、捨てられた子猫。星降る夜、橋の下から見えた、希望の虹のお話だそうです。
全国各地で上演を続け、いよいよ読谷上陸です!



♪メンバー紹介♪
〜サイトより転載
d0123793_14531125.jpg

座長●長山 現
作・演出・音楽・出演をこなす。1959年東京生まれ。
大阪大学文学部美学科卒。入学と同時にテント劇団「劇団幻視行」に入団、後代表。

1983年、「変貌クラブ」結成(代表)。

1991年、楽市楽座を結成(代表)。ほぼ全ての作品において、作・演出・出演。ここ10年は全ての音楽(作曲・演奏)も手がける。
日本劇作家協会会員。

舞台では、演技をしながらアコースティックギターと三味線を弾きこなす。フラメンコギターで培ったギター演奏は、多くの観客を魅了している。

屋根なし壁なしの円形劇場、水に浮かんだ廻り舞台は、自身の設計による。




d0123793_14545993.jpg

副座長●佐野キリコ
1999年に楽市楽座入団。以降、看板女優として活躍。

2005年楽市楽座『肉月』金魚姫役で、飛田演劇賞女優賞を受賞。以降、楽市楽座の定番演目となった『金魚姫と蛇ダンディー』で、金魚姫を演じ続け、パワフルな演技と歌唱力で観客を魅了。

劇団活動のかたわら、個人プロデュースで元惑星ピスタチオの西田シャトナーと組んだり、

自作自演の短編芝居の上演等、独自の活動もしてきた。
得意は、声楽。2008年より、飛鳥流にて日本舞踊を学ぶ。

舞台での演奏はキーボード、タンバリン、ヴァイオリンなど。

スタッフ面では、制作、雑務、劇団サイト、チラシなど宣伝美術を担当。




d0123793_14573273.jpg
●萌
2007年「金魚姫と蛇ダンディー」において、「鉈」役で初舞台。当時、7歳。
2010年の日本全国旅公演より、本格的に舞台にあがる。この旅の間に、10歳になった。

「鏡池物語」では、いたずら好きのホーキオニを演じ、好評を得た。

明朗活発、好奇心旺盛。
趣味は漫画を読むこと、刺繍、絵を描くことなど。得意は音読。

舞台での演奏は、ヴァイオリン、リコーダー、ウインドウチャイム、拍子木など。




●野外劇団「楽市楽座」について

1991年5月に結成された楽市楽座は、2011年に20年目を迎えます。

大阪を拠点に、長山現の作品を、主に野外劇として上演を行い、竹骨八角テントや、奥行きのある野外舞台、円形劇場での上演など、様々な試みをして参りました。
1998年からは、ドーム型テントの野外円形劇場を作成。

5年後の2003年からは、舞台上のみ吹き抜けの野外円形劇場とし、ついに2009年には、屋根も壁もない完全な野外劇場にたどりつきました。

屋根も壁もなく、舞台の周囲にパイプ椅子を並べただけの野外円形劇場に至ったことで、劇は周囲の風景に完全に溶け込みました。そこには、長山現の考える「芸能としての野外劇」がリアリティを伴って出現し、東京・井の頭公園、大阪・扇町公園にて、とても深い味わいの劇だったという感想を多数頂き、19年の一つの成果を見ることができと確信致しました。

本来、様々な芸能は野外で行われていましたし、今もそれは息づいています。
劇場に比べると、不便なところもたくさんありますが、何かが降りてくるような、場所との一体感があります。もっと大げさに言えば、お客さんとも一体となって、宇宙や土地の精霊や神々たちとの交感さえも可能なのが、野外劇の魅力です。

2010年、そんな野外劇の魅力を、もっともっとたくさんの人に知って頂きたいという願いから、楽市楽座は、「野外劇団 楽市楽座」として、新たな冒険の旅に出ることに致しました。

トラック「流星号」、ワゴン車「花と夢号」の2台に舞台装置と家財道具を詰め込んで、日本全国を旅して回っています。

d0123793_15085169.jpg
楽市楽座ホームページ http://yagai-rakuichi.main.jp/

[PR]
by kitone1 | 2014-11-18 15:16 | INFORMATION


<< 2014冬のきとね市 ギョーム... 追憶・そしてNEWS 切り... >>