晴れますように!

きとねいちは夏に恩納村へ旅し、冬に読谷へ帰ってきました。

市場と音楽 「冬のきとねいち

日時:2010年 12月18日(土) 午前11時~午後7時

場所:読谷村残波岬 「岬の駅 いこいの広場」 

入場無料 雨天中止






~INFORMATION~
さてさて、ハルサー片岡さんから伝わってきた興味深~い情報をご紹介。
d0123793_1493033.jpg

野外劇団 楽市楽座 全国巡回公演
「鏡池物語」


もう沖縄ツアーも終わりのほう。あとは、

12月3(金)~6(月)   開演19時  金武町 アクティブパーク(キャンプ・ハンセン入口のそば)

12月10(金)~13(月) 開演19時  風来荘 今帰仁村字諸志868

すべて入場無料・投げ銭


野外劇団 楽市楽座は、劇団旗揚げ20周年を目前に控えて、北海道から沖縄まで巡回しているらしい。
なんといっても劇団名が楽市楽座っつうんだからねー
d0123793_14114399.jpg

鏡池に浮かんだ水面月がぐる~ぐる回るようだ。周囲の皆が正面になる。

勝手に座長の言葉を引用してみる。

・・・・・・野外劇は、まだまだマイナーなものとしてしか、認められていません。けれども、本来、様々な芸能は野外で行われていましたし、今もそれは息づいています。
劇場に比べると、不便なところもたくさんありますが、何かが降りてくるような、場所との一体感があります。もっと大げさに言えば、お客さんとも一体となって、宇宙や土地の精霊や神々たちとの交感さえも可能なのが、野外劇の魅力です。・・・・・・


ツアー・サイトも動画もあって見やすい。
[PR]
by kitone1 | 2010-11-30 14:03 | INFORMATION


<< 業務連絡でーす 「冬の」きとねいち 2010 ビラ >>