セレブよりセルプ



きとねいちは夏に恩納村へ旅し、冬に読谷へ帰ってきました。

市場と音楽 「冬のきとねいち」

日時:2010年 12月18日(土) 午前11時~午後7時

場所:読谷村残波岬 「岬の駅 いこいの広場」 

入場無料 雨天中止

ライブなどは追ってお知らせします。開催情報は当ブログをご覧下さい。




~INFROMATION~
さて、めえめえ工房の高橋さんから、楽しそうな市場の情報をゲットしました。
今年で26回になる、県内の障害者の作業所・授産施設等が合同で行っているバザーです。
高橋さんはここ何年かこのイベントの実行委員長をなさっているそうです。
d0123793_1424859.jpg

第26回 ナイスハートバザール in 沖縄

2010 
11/27(土) 午前10時~午後6時
11/28(日) 午前10時~午後5時

@イオン南風原ショッピングセンター(屋内・屋外会場) ステージ(イベント有り)



働く障害者の製品展示即売

農産品及び加工品
花卉園芸・陶器・木工品
縫製品・民芸品小物・食品


ステージ

栄町市場おばぁラッパーズ、Soluna、Natural Tone、ハンク、よなは はるき、壽屋 音次郎、島 幸子、凪、鉢嶺 源治、Pua Milimili、reeka(順不同)
d0123793_1433195.jpg

主催 (財)沖縄県セルプセンターとあります。
知らなかったんですが全国社会就労センターの沖縄地区のようです。
↓セルプ(Support of Employment,Living and Participation)についてサイトより勝手に引用↓

◎「SELP/社会就労センター」について

「授産施設」から、「社会就労センター(SELP)」へ

「社会就労センター」とは、雇用されることの困難な障害を持つ者に、入所あるいは通所の形で、必要な訓練を行ない、かつ職業を与え、自活させる施設をいいます。
通いか入所かというカテゴリーの他にも、重度障害、身体障害者、知的障害者(法律上は精神薄弱者)、精神障害者と、障害別に分類されており、また生活保護施設としての機能の「社会就労センター」もあります。
この「社会就労センター」という名称は平成7年度全社協の「全国授産施設協議会総合研究大会」にて「授産施設」から「SELP/社会就労センター」へ名称変更することを決定いたしました。(ただし、法律関係の名称は今のところ「授産施設」のままです。わたしたちは厚生労働省など関係者に法改正を働きかけていきます)。
単なる名称変更をしただけでなく、事業自体も大きく変わっていきます。
物づくりの専門家を広く企業などからも求め、市場調査など十分に行なった上で、オリジナルの商品を積極的にPRしていきます。




・・・・・セルプのサイトにのっている沖縄の作業所は約130ヶ所もあった。ほとんどが本島内。すごく身近な草の根パワー。
[PR]
by kitone1 | 2010-11-25 00:48 | INFORMATION


<< 「冬の」きとねいち 2010 ビラ 冬こそコラソン >>